投稿

カウンセリングの経験を生かして英語指導。ピンチを成長の機会にするための取り組み。

イメージ
新型コロナウイルスの影響は私のサロンに非常に大きな影響を及ぼしました。 香りを扱うアロマセラピーやトリートメントとという特性上、オンラインでという訳にもいかず。4月には休業も余儀なくされ、経営的には厳しい状況が続きました。 そんな中でも、サロンの再開を待ち望んで下さるクライエントのみなさん、そして周りの人たちに支えられ、現在では営業を再開、まだ通常の状態には遠いものの、仕事が出来る喜びを噛みしめています。 さて、ピンチは必ず絶対チャンスでもあります。 私もこの機会を成長出来る機会と捉え、いくつかのチャレンジを致しました。 その中ひとつが、塾での英語講師のアルバイトを始めたことです。 きっかけは、もちろん、厳しい経営状況の中で少しでも足しになれば、というのもありますが 近年、お子さんのカウンセリングをさせていただくことが増え、小学生、中学生、高校生と、メンタルのサポートをしながら成長を見守って来ました。 難しくもありながら、子供たちの成長を見守ることは何事にも代えがたい喜びであり、また彼ら彼女らにとって、学校や学業の悩みというものはやはり大きく存在し、私も学業指導をすることで、カウンセリングやコーチングの幅を広げたいという思いに駆られたためです。 その塾ですら、一時は休校となりましたが、現在は無事再開し、中学生、高校生の英語指導をしています。 1対1のメンタルのカウンセリングと違い、限られた時間の中で、気持ちのサポートはもちろん、やはり肝心の英語力を如何に上げるか。当然ながらそこが問われるわけで、傾聴からゆっくり心に寄り添っていくカウンセリングとの違いに最初は戸惑いました。 しかし、様々な環境や不安も抱えながらも、懸命に机に向かう子供たちの姿に、毎回指導に行く度に励まされ、刺激を与えてもらっています。 時代は流れ、私が学生だったころの英語の教科書とはまた全く違うカリキュラム。今そこで大切にされているのは、英語を学ぶということはコミュニケーションを学ぶ、ということです。 私もカウンセラーとして、英語やフランス語を学びながら、コミュニケーションとは何かをずっと考えて来ました。 言葉は、語学はそれ自体は人間の心を表現するには足らないけれども、ですが、言葉は

ラ・ラ・ランド、プルースト・・音や香りの持つ記憶について。

イメージ
音や香りの持つ記憶について。 ラ・ラ・ランド、大好きな映画ですが、特にラストのシーン…( ピアノの演奏から…) が好きで夜中に度々そこだけ観てしまいます。 鍵盤をヒットする音、想い出の曲がキーとなって、 主人公二人の幸せだった時間と、もしも…の未来を演出し、 なんとも切なく感動的なエンディング。 本当に想い出の曲は一瞬で時空が捻れたように自分たちの記憶を呼 び戻してくれますね。 音だけでなく、香りもまた、同じような働きをしてくれますね。 懐かしい香りや大好きな香りは一瞬でその記憶だけでなく、 感覚や、感情を呼び覚ましてくれます。 フランスの作家プルーストは、その感動を何ページもの名文で表現しています。 その一部ですが抜粋を。 ――私は何気なく、 お茶に浸してやわらかくなったひと切れのマドレーヌごと、 ひとさじの紅茶をすくって口に持っていった。 素晴らしい快感、孤立した、原因不明の快感が、 私のうちに入り込んできたのだ。 いったいこの力強い喜びはどこからやって来たのか? 求めている真実が、紅茶の中でなく、 私のうちにあることは明らかだ。 そのとき一気に思い出があらわれた。 こんなに長いこと記憶の外に棄てて顧みられれなかった思い出の場 合 消え去るか眠り込むがしてしまい、 膨張して意識に到達することを可能にする力を失っていたのだ。 けれども、人々が死に、ものは壊れ、 古い過去の何も残ってないときに 脆くはあるが強靭な、無形ではあるがもっと執拗で忠実なもの、 つまり匂いと味だけが、 長いあいだ魂のように残っていて ほかのすべてのものが廃墟と化したその上で、思い浮かべ、 待ち受け、期待しているのだ。 その匂いと味のほとんど感じられないほどのしずくの上に、 たわむことなく支えているのだ。 あの巨大な思い出の建物を。 ――プルースト「失われた時を求めて」 返信 転送 ☆横浜元町サロンで、多くのアロマとオイルで癒されてみませんか☆ マグノリア・アロマサロン横浜元町  マグノリア・アロマ

映画・小説パフューム:賛美両論のラスト・・感情移入が難しかった作品

イメージ
香水の映画と言えば、この映画が話題になることが多いのですが、とても勉強にはなるものの、私としては何とも評価の難しい作品です。 この作品の魅力は、ひとつには香水の香りの抽出過程など、フランスのパリや香りの聖地グラースを舞台に原作では非常に事細かに、映画では香水瓶や抽出器具、豊かな花の色や美しいラベンダー畑などを直接魅せてくれること。 もうひとつは、香り、という原始的な人間の感覚が鋭すぎるため凶器に陥っていく主人公と、それを取り巻く人間たちの、欲望にまみれた愚かさを表現しているところであると思います。 この作品で賛美両論別れるのはなんといってもクライマックスの処刑台でのシーンで・・ (以下ネタバレご注意です) 処刑台に出てくる犯人である主人公の哀れな最期を見届けようと集まった群衆や娘をあやめられた父親までもが、主人公の生み出した香水の力で主人公を神と見なし、乱痴気の欲望に陥って、主人公を許し逆に崇めるところなのですが。 このシーンの原作より。 「この男がまんまとみずからを渇望の的にしたのだ。愛され、敬われ、神のごとく崇められる!プロメテウスの大業をやってのけた。そればかりではない。自分の中に、神の火を赤々と燃え立たせた。プロメテウスよりも偉大である。父にも、母にもすがらなかった。ましてや神の力によったものではない・・。唯一、自分で作り出した。自分こそが神である。教会に住みついて、乳香に庇護されている神よりもはるかに偉大な神である」 ※プロメテウス・・ギリシャ神話の神。人間に火を与えた。人間は火によって繁栄したが、火を使って戦争もするようになったことの象徴。 ※乳香・・フランキンセンス。アロマ精油でもある天然香料のひとつ。非常に古くからある貴重な香料で、イエスキリストが誕生の際に送られた三大宝物のひとつ。神を象徴する香りとして教会でも焚かれる。 このラストシーンが素晴らしいという意見と、しっくりこないという意見で分かれるようですが、私は後者です。 香りに異常な執着をするサイコパスの物語であれば、深い丁寧な心理描写を最後の群衆にも適用して欲しかった。神を越えた香水をパタパタさせて、皆がひれ伏してしまうのはあまりにも香水の力を買被りすぎていると思えるから。 いつもアロマの仕事をしているので、どこか香りを冷めた目

セラピストがアロマ初心者の方におすすめするシトラスノート(柑橘系)な精油ランキング10【前編】

イメージ
あなたがアロマオイルの興味を持たれたのはどのような理由からでしょうか。 友人にすすめられたから、ふっと通りがかったお店の香りが気に入ったから、花粉症に良いと聞いたから・・。 様々なきっかけがあると思うのですが、今回は敢えて「香り」にフォーカスをして、初めてアロマを買い揃えていく方にお勧めの精油をご紹介したいと思います。 もちろんお好きな香りを選ぶのが一番ですが、時にはフルーティ、時にはグリーンなど、やはり複数揃えて行きたいもの。 その際に、「香りのノート」と言われる香りのカテゴリー別に選んで行けば、同じような香りが揃いすぎることなく、回り道なく幅広い香りの魅力に触れていけると思います。 ノート、とは香調とも言って、音楽で言えば音符のようなもの。 異なるノートを組み合わせることで、新しい楽曲を作り上げていくような、そんな楽しみのベースになるのが香りのノートです。 異なる香りのノートで揃えて行けば、ブレンドでの複雑な新しい香りを生み出す楽しみも広がります。 シトラスノート オレンジやグレープフルーツなど、主に柑橘系のお馴染みのフルーツ系の香りをシトラスノートと言います。 生き生きとしたフレッシュな香りは誰にも好かれ、多くの場面で利用されていますので、このシトラスノートからアロマに入ってくる方も多いはず。 私のサロンでもほとんどのお客様が好きな香りとしてまずシトラスの香りを上げます。 ポピュラーで必携なノートですが、シトラス系の精油の特徴としては ・揮発性が高く、素早く香るが長持ちしにくい。 ・リラックスというよりはリフレッシュ系の香り ということになります。 好きなアロマを揃えていたらシトラス系ばかりだった・・ということもありますので、シトラスを揃えたら、次は長く香りが持つフローラルやウッド系なども揃えて、香りのバリエーションを楽しみたいですね。 ◇主なシトラスノートの精油 レモン、スイートオレンジ、ブラッドオレンジ、グレープフルーツ、シトロネラ、プチグレン、マンダリン、タンジェリン、メイチャン、メリッサ、ユズ、ベルガモット、ライム、レモングラス 今回はそんなシトラスノートの精油の中から、初めてアロマを揃えていく方にまず揃えたい、私がおすすめするシトラス精油を10種ランキングでご紹

依存症から抜け出すための10つのアロマ精油。

イメージ
様々な不安やストレスから抜け出すために、人間とは何かにすがったり安心を求めてしまうものです。それは肉体的にも精神的にも当てはまります。 そして依存症は私たちの身近にある危機です。 アルコールやタバコ、薬だけでなく、最近ではスマホ依存症などもあります。 現代人の心の隙間に入り込むのが依存症のリスクです。 一度何かに依存してしまうと、そこから脱却することは本当に難しい。 だからこそ、早めに、依存の原因となる不安やストレス、孤立感などを取り除くことが重要になるのでしょう。 今回は依存症からの脱却に役に立つアロマを考えてみました。 アルコールをはじめ、様々な依存症は重篤なものであれは医師の診断、治療が必要なのは言うまでもありません。 今回ご紹介するのは、たとえば、不安感や孤立感、抑うつなどの精神的なもの、ストレスや自律神経などからくる不眠や動悸、不整脈、息切れ、頭痛などに特に立つと私が思う精油たちです。 一番のポイントは、孤独感や将来や現在への不安感、ストレスからなにかに依存してしまうこと自体から抜け出す力を与えてくれる頼もしい精油という点。 何かに頼ることで現在の不安から抜け出そうという悪いサイクルを断ち切れれば、深刻な依存になる前に脱却出来るはずです。 ※ただし、深刻な依存症からの離脱症状としての上記のような症状へは効果があるとは限りませんし、逆に悪影響を及ぼすケースがあります。具体的な症状でお悩みの場合は絶対に医師の指導を最優先の上、精油を利用して下さい。 本人の強い意志と、周りのサポートがなにより大切ですが、様々は局面でのストレス解消を含めて、使用できる場面を考えてみて下さい。 今回は10つの精油を選んでみました。どれも素晴らしい作用と香りの精油だと思いますので、試してみて、自分が一番好きだと思う香りを使ってみて下さい。 依存症から立ち直るためのアロマ精油10つ ・アンブレットシード Abelmoschus moschatus 素晴らしい香りで心を癒してくれ、不安感や抑うつに良いとされる精油です。甘さのある心地よい香りはフローラル・ムスクと言われ動物性のムスクに似た香りの天然精油として香水業界でも人気が高く、シャネルのガーデニアやエゴイストなど

あなたが初めてアロママッサージやトリートメントを受ける際のサロン選び方のポイントについて考えてみた。

イメージ
あなたが初めてアロママッサージやトリートメントを受ける際のサロン選び方のポイントについて考えてみた。 さて、今回は、初めてアロマセラピーのサロンに行ってみたい、アロマトリートメントを受けてみたいという方のために少し書いてみたいと思います。 世の中にはアロマオイルを使ったマッサージなるものがあるらしい・・。整体やクイックマッサージを受けたことはあるけれど、オイルを使った全身のトリートメントを受けたことはない、という方はまだ多いと思います。 さて、そんなあなたが一度受けてみたいと思った。さて、エステ・マッサージで検索してみると、自分の最寄りの駅にもいくつもお店があるのだけれど・・。 一体どこのお店を選べばいいのでしょうか。 マッサージや整体の中でも金額的にも高い部類に入るアロママッサージ、お店選びは失敗したくないですよね。 今回は実際にサロンを経営している私が(自分のサロンはひとまず置いておいて)初心者の方の気分になって、またプロから見てもこれなら間違いないんじゃない?というポイントをご紹介したいと思います。 ポイント1.大型店か個人店か アロマのお店、まずはざっくり分けると複数の店舗を構えてチェーン展開している大手と、個人の方が独立して開業している小さなサロン(マイクロサロン)の二つに分かれてくると思います。 私が大手で魅力的だと思う点は、まずその安定した資金力から良い立地に広いスペースでサロンを展開出来ること。そして高品質なオイルなどをスケールメリットで(理論的には)安く仕入れることが出来るため、高品質で低価格のサービスを提供できる、はず、ということだと思います。・・はず、なのですが。 ところが、立地の方はともかくとして、品質の方はなかなか現実的には品質の維持が難しいようです。私も独立前に様々な店舗を経験したり、現在も情報を収集していますが、大手のほうがオイルの品質の維持について熱心でないような気がしています。 何故でしょうね。私は先ほどの立地というところが大きな影響を及ぼしていると考えています。駅近の好立地でイメージの良いサロンを維持するというは設備投資、固定費の運転資金が大きくかかりますね。美容院や整体などではそれでも席数やベット数を大きく増やしてどんどん回転させるこ

「美しい絵の崩壊」碧い海と禁断の関係の緊張感。

イメージ
私はこのブログの他にも最近、「 Magstagram 」というブログも書いているのですが、これは日々インスタで日常をアップさせていただいているのですが、その追加補足で印象に残ったことを書かせていただいているブログです。機会があればぜひ見ていただけると嬉しいです。(本当に日常のことを書いていますので、あんまり、といいますか、ほぼアロマやアロマセラピーの話題はほとんどありませんが。) そのブログの中で、一番読んでいただいている記事をご紹介させて下さい。ナオミ・ワッツ主演の「美しい絵の崩壊」という映画の感想を書いた記事です。 今振り返って見ても、オーストラリアの美しい碧い海と、アブノーマルで危険な恋愛の緊張感が快く思い出されます。 「美しい絵の崩壊」深夜にふっと見つけた秀作 『なんとなく、ナオミ・ワッツは「マルホランド・ドライブ」が強い印象に残ってからずっと気になっているのだけれど、最近はカウンセラー役として出演している「ジプシー」も観ています。 まずは自分自身が癒されるべき不安定なカウンセラーを描いているところは自分の仕事にとってもしっかり反面教師にしなければと興味が沸く題材。 そんなナオミ・ワッツの映画を一本観てみようと深夜に探して見つけたのが「美しい絵の崩壊」。 インスタを見てくれたお客様に、「深夜にナオミ・ワッツの濡れ場が観たかったんでしょ?笑」なんて突っ込まれてしまったけれど、いや、そうゆう意図は全くなかったですよ。笑 でも濡れ場、過激ではないけれと良かったです。 ロビン・ライトとの共演でお互いの息子たちと恋愛関係に落ちるというびっくり展開、ロビン・ライトが脚本的にも芯の強い女性で憂いを帯びた演技が良かったけれど、ナオミ・ワッツは同じように禁断の恋に落ちながらも、少し弱いところがある女性に描かれている。 そうやって少しだけ、二人の母親の個性に違いを見せていたのも楽しめました。 インスタでは書かなかったけれど、この母親同士は潜在的なレズビアンを想像させるような設定で、だから、ロビン・ライト演じるロズに息子を奪われた時、ナオミ・ワッツ演じるリルはロズに怒りを感じながらも、「そうゆう愛し方があったのか」と閃いたと言わんばかりに今度は自分もロズの息子と接近していく・・。お互いは、お互いの息子だからこそ恋

LINE@登録で最新情報をお届けします。

友だち追加数 奥山修司LINE@の友達登録