ハロウィン×アロマ・スペシャルブレンド/ 香りと魔除けでトリック・オア・トリート!?





photo credit: Professor Bop via photopin cc



ハロウィンは古代ケルト人に由来する、豊穣と魔除けのの行事が起源のお祭り。


ケルト人の一年の終わりは10月31日で、その日は亡くなった家族の霊が家を訪ねてくるとされていました。

その時に同時に悪い精霊や魔女も訪れてしまうとされ、それらを追い払うために、魔除けの木やハーブを炊いたり、魔除けの力があるとされたカボチャで仮面ををつくり、身を守りました。


それがカボチャのお面の「ジャック・オー・ランタン」なんですね。


スポンサーリンク



今では可愛いカボチャのキャラクターですが、カボチャのお面は恐ければ恐いほど良く、悪霊を退治する力が強いとされていました。



さて、古代ケルト人は魔除けにヒイラギの木を炊いたようですが、アロマのハーブの中にも魔除けとして使われてきたものが多くあります。

ジュニパー、サイプレス、もみの木といった木、ハーブだとローズマリー、タイム、キャラウェイなど。


シダーウッドもスコッツパインもそうだし、考えてみると魔除けとアロマは切ってもきれないもの。

実はケルト人と言えばハーブ、薬草の関わりも密接。


というわけで、ハロウィンといえばアロマがぴったりはまってしまうのです。



心地よい大好きな香りに、少し魔除けのパワーがあるアロマを交えながら。

ぜひ、今年のハロウィンには、アロマキャンドルで香りを炊き、気分を盛り上げてみてはいかがでしょう。





・魂の浄化と邪悪を跳ね返すとされた、ジュニパー

・邪悪なものからの守護のハーブとされた、スコッツパイン

・霊的な力を持つとされた、シダーウッド


この3つの精油を熱く燃えるキャンドルの火に垂らしてみて下さい。
透き通るような浄化の気分が味わえます。


清めの儀式が終わったら、

甘い甘いお菓子のようなベンゾイン
爽やかなスウィートオレンジ

この二つのブレンドを垂らして、トリック・オア・トリート。


香りの力で、最高のハロウィン、間違いなしです!



SHUJI OKUYAMA



浄化の精油のひとつ。スコッツ・パイン。
気管支や喉のトラブルにも良く、秋冬にぴったり。






★現在のキャンペーン★ - SHUJI OKUYAMA AROMASALON 横浜元町


☆サロンにもぜひお越しください!こだわりの癒しとアロマな時間を是非。お待ちしております。☆



奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント

スポンサーリンク


関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人気の記事

LINE@友達登録でブログの更新情報をお届けします。

友だち追加数 奥山修司LINE@の友達登録

Instagram フォロー、コメントお待ちしています。