アロマどう使う?すぐ出来る5つの具体的な使い方、ホームケア。


スポンサーリンク








アロマには興味があるけれど

実際にアロマを手に入れて、どのように利用したらよいか
わからないというご質問が多いです。

今回はアロマのご家庭、オフィスなどでの
具体的な使い方5つをご案内します。


photo credit: Swiv via photopin cc




   1.芳香浴


アロマの有効成分は空気を伝わり
鼻腔に入り、そこから全身に作用します。

ディフューザーやアロマポットを利用

  部屋全体にアロマの香りを拡散しましょう。
 心地よいリフレッシュ系や、空気の殺菌・浄化を
 してくれるアロマがおすすめです。

ティッシュやハンカチを使って

 ティッシュをくるめて、またはハンカチなどに
 アロマを数的垂らし近くに置く。
 手軽でオフィスなど、あまり全体に拡散できないときに
 有効です。


   
   2.吸引

より強い効果や、のどの痛みなど
ポイントで集中して効かせたいときに。

・ティッシュやコットン、マスクなどに数的垂らし
必要に応じて、口に当て直接吸い込む。

・ボウルや洗面器にお湯をいれ、アロマを数的垂らし
蒸気を逃さないようにバスタオルなどでおおい吸い込む。

直接吸引は特にのどのトラブルに有効です。
風邪などの際にはぜひ試して見て下さい。



   3.アロマバス

毎日のお風呂が、深いリラックスタイムに変わります。

・お風呂にアロマを3~5滴ほど入れ
 よくかき混ぜて温まる。

ストレス解放、肩こりの緩和などメリットが多い。
アロマのバリエーションを変化させると
毎日のお風呂が楽しくなります!



    4.直接肌に塗る
 
・植物オイルなどにまぜて、肩コリや腰痛のところ
むくみやが気になるところ
せきがひどい時はのど、やデコルテなどに塗る。

マッサージをあわせても有効。

特にデコルテにオイルを塗布すると
肌から吸収と鼻からの吸引効果でとてもリラックスできます。

デコルテのセルフマッサージをあわせてのケアを
特におすすめします。


  5.温湿布

・アロマ精油を薄めたお湯で作ったホットタオルで
 腰痛など患部を暖める。

腰や背中など、自分でマッサージしづらいところに
有効ですね。もしくは肌にオイルを直接塗布したあと
使い捨てカイロなどで上から暖めて
効果を上げる方法もあります。




これらの5つのほかにも
例えばルームスプレーにしたり、うがいで使ったり

アロマはただ部屋のフレグランスだけでなく
とても活躍してくれる心強い味方です。


また継続して利用することで
美容と健康に大きく貢献してくれます。

無理のない自分にあった方法で
ぜひ効果的なアロマホームケアを続けみて下さいね。







●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント



スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: