女性とアロマ 月経前困難症、月経前症候群、更年期障害の改善を目指すなら


女性のための精油とされるクラリセージやローズ、ゼラニウム。

本日は女性特有の婦人系の悩みからみられる
精油の効果をまとめてみたいと思います。






・月経困難症
 
日常生活に困難を及ぼすほどの生理痛が月経困難症です。
痛みの原因はプロスタグランジンの過剰産出による
血管収縮や子宮筋の虚血とされています。

以下のアロマ精油などが、月経困難症に効果があるとされて
います。主に血管拡張作用で血管収縮が抑制され
骨盤内の血液循環の改善、鎮痛が期待されます。

月経困難症に良い精油

カモミール
クラリセージ
ローズ
真性ラベンダー



・月経前症候群

生理前のイライラやうつ状態といった月経前症候群(PMS)。
プロゲステロンを中心としたホルモンバランスの乱れが原因です。
アロマの精油の効果が期待出来ます。

月経前症候群に良い精油

ゼラニウム
真性ラベンダー



・更年期障害

エストロゲンという女性ホルモンの分泌が加齢により低下が進むと
自律神経失調のような症状が見られます。

アロマセラピーではエストロゲン様作用をもつ精油を
使用することで
それらの症状を緩和することが出来ます。

更年期障害に良い精油

クラリセージ
サイプレス
真性ラベンダー



ローズ、クラリセージ、サイプレスが
女性のための精油とよばれるのは
このホルモンバランス調整の効果が高いためです。

また真性ラベンダーの鎮静、鎮痛効果がここでも万能さで際立っています。

スポンサーリンク



◇アロマテラピーの可能性とアロマサロンに期待されること


アロマテラピーに期待されることの中でも

この婦人系のトラブルへの作用が特に
結果を出しており、さらなる貢献が期待
されています。

ハーブの本場欧州では、男性のアロマスペシャリスト
婦人系トラブルに貢献できると
大きな期待をされています。

また中国の中医学でも
陰陽バランスから
男性が女性のセラピーの有効性を
強く説いています。

女性のホルモバランスが
女性の心や脳の働きと密接に関わっているため
セラピーと医療両面からのアプローチが
期待されています。


私のサロンでも、月経トラブル、更年期
不妊など、心にも大きな不安がかかる
お悩みをご相談にいらっしゃっています。

アロマテラピーとして貢献できることが
多くあると思います。

ぜひサロンにもお気軽にお越し下さい。
お待ちしております。


代表・セラピスト奥山修司




奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら




スポンサーリンク



女性の強い見方。プラナロムのオーガニック・ゼラニウム


Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: