LINE@友達登録でこのブログの更新情報をお届けします。

友だち追加数 奥山修司LINE@の友達登録

「美しい絵の崩壊」碧い海と禁断の関係の緊張感。




私はこのブログの他にも最近、「Magstagram」というブログも書いているのですが、これは日々インスタで日常をアップさせていただいているのですが、その追加補足で印象に残ったことを書かせていただいているブログです。機会があればぜひ見ていただけると嬉しいです。(本当に日常のことを書いていますので、あんまり、といいますか、ほぼアロマやアロマセラピーの話題はほとんどありませんが。)

そのブログの中で、一番読んでいただいている記事をご紹介させて下さい。ナオミ・ワッツ主演の「美しい絵の崩壊」という映画の感想を書いた記事です。

今振り返って見ても、オーストラリアの美しい碧い海と、アブノーマルで危険な恋愛の緊張感が快く思い出されます。





「美しい絵の崩壊」深夜にふっと見つけた秀作



『なんとなく、ナオミ・ワッツは「マルホランド・ドライブ」が強い印象に残ってからずっと気になっているのだけれど、最近はカウンセラー役として出演している「ジプシー」も観ています。

まずは自分自身が癒されるべき不安定なカウンセラーを描いているところは自分の仕事にとってもしっかり反面教師にしなければと興味が沸く題材。

そんなナオミ・ワッツの映画を一本観てみようと深夜に探して見つけたのが「美しい絵の崩壊」。

インスタを見てくれたお客様に、「深夜にナオミ・ワッツの濡れ場が観たかったんでしょ?笑」なんて突っ込まれてしまったけれど、いや、そうゆう意図は全くなかったですよ。笑 でも濡れ場、過激ではないけれと良かったです。

ロビン・ライトとの共演でお互いの息子たちと恋愛関係に落ちるというびっくり展開、ロビン・ライトが脚本的にも芯の強い女性で憂いを帯びた演技が良かったけれど、ナオミ・ワッツは同じように禁断の恋に落ちながらも、少し弱いところがある女性に描かれている。
そうやって少しだけ、二人の母親の個性に違いを見せていたのも楽しめました。

インスタでは書かなかったけれど、この母親同士は潜在的なレズビアンを想像させるような設定で、だから、ロビン・ライト演じるロズに息子を奪われた時、ナオミ・ワッツ演じるリルはロズに怒りを感じながらも、「そうゆう愛し方があったのか」と閃いたと言わんばかりに今度は自分もロズの息子と接近していく・・。お互いは、お互いの息子だからこそ恋に落ちた。そんな複雑な心理状況をさらっと美しく描いていて本当に歓心しました。

アンヌ・フォンテーヌ監督の他の作品を観てみたくなりました。』

ナオミ・ワッツを観ようとnetflixで見つけた映画が、思いの外良かったのでご紹介。 邦題「美しい絵の崩壊」原題「Two Mothers」。豪仏合作。 ナオミ・ワッツとロビン・ライトが演じる幼い頃からの親友が、お互いの一人息子とそれぞれ禁断の恋に落ちると言うお話。 この映画の感想やレビューを見てみると、評価は二分。絶賛もあれば、悪い方は、お互いが相手の息子に手を出すとか気持ち悪い、酷い話、ありえない、などの意見が多い。余程トンデモな作品なのかと覚悟して観たら、アブノーマルな展開なのに違和感なく心を打つ。何だこれ? 主演二人の演技、特にロビン・ライトが抜群に素晴らしいのと、おそらく監督の恋愛理解が深くて、過激な中にちゃんと筋を通してる。成人向け漫画のような話なのに、浅くない。淡々と抑えた感情表現で描いて、普通じゃない人間関係がすっと心に入ってくる。オーストラリアの海岸の美しさ。海の碧さ。まさに美しい絵のような生活が崩壊していく二人の母親、そして息子たち。何が崩壊して何が残るのかはぜひ観てみて下さい。ただし、恋愛はモラルがないと駄目、という方にとってはきっとトンデモ作品、星1つになりますので要注意。 #映画#映画観賞#netflix#ナオミワッツ#ロビンライト#アンヌフォンテーヌ#美しい絵の崩壊#twomothers#横浜#元町#アロマ#アロマテラピー#アロマセラピー#カウンセリング
shuji okuyamaさん(@shujiokuyama)がシェアした投稿 -







☆横浜元町サロンで、多くのアロマとオイルの魅力に触れてみませんか☆




マグノリア・アロマサロン横浜元町 

マグノリア・アロマサロン横浜元町(以前からのサイト)

Magstagram
MAGNOLIA 代表 奥山修司


★現在のキャンペーン★ - SHUJI OKUYAMA AROMASALON  横浜元町 


☆奥山修司サロンホームページ

☆現在のキャンペーンはこちら


☆お客様の声、コメント





Instagram