ローズマリー×マートル!オフィスでのインフルエンザ感染予防にこのアロマを利用するのに選んだ理由。




インフルエンザなど感染症の怖いところは
自分がいくら気をつけていても

オフィスや電車などの密室空間で
症状を持った人からどんどん感染が広がっていくこと。

特にオフィスなどでは一日中、その中で過ごすので
非常に連鎖感染のリスクが高いですよね。


とはいえ、マスクで完全防備ばかりしていても
仕事もはかどらないもの。


そこで、ぜひアロマの利用をお薦めしたいのですが


自分ひとりでアロマでインフルエンザや
風邪の予防をしたい・・!
といっても、上司のおじさんに
「そんな花や草の匂いをかぎながら仕事が出来るか~!!」
なんて言われたら、アロマ導入できないですもんね。
(そこまで言うおじさんいないかもしれないですが・・苦笑)

社員やスタッフの方が、次々にインフルエンザで休んだり
仕事のパフォーマンスが落ちれば
企業としてはとてもダメージですよね。

本当に、アロマの抗菌、抗ウイルス、免疫強化力を
利用すれば、多くの社員やスタッフの方の健康が守られ
結果企業としてのパフォーマンスは大きくアップするはず。


強く、強く、企業の管理者の方には
オフィスにアロマを導入することをおすすめしたいと思います。



スポンサーリンク


オフィスに導入を考えるとき
効果があればアロマならなんでも良い訳ではないですね。

アロマ、イコール香りです。
香りとは、とても個人の趣向が影響するもの。
つまり個人個人の好みが大きいですよね。

ローズが大好きという方もいれば苦手という方も多い。
ハーブの爽やかな香りを草っぽくて苦手と
おっしゃる方も多いですよね。


また、オフィスで使うとなると
あくまで仕事モードですから。

リラックスしすぎて、眠くなるアロマも
問題ありですね。


そうなると
インフルエンザ対策のオフィス用のブレンドとしては

・しっかりとした抗菌、抗ウイルス効果があること

・誰にでも好まれる香りであること

・仕事のパフォーマンスが上がること


この3点がポイントとなります。



抗菌・抗ウィルスで選ぶと

ではこのポイントを踏まえて精油のチョイスを考えると

まずは抗菌、効ウイルス。

このブログでもよく取り上げていますが

ティーツリー、ユーカリ(グロブルス、ラディアータ)
ラベンサラ(ラヴィンツアラ)
マートル、ローズマリー、クローブ、オレガノ

このあたりが抗菌、抗ウィルスに優れていますね。


この中でクローブや、オレガノはあまりブログやサロンでは
ご紹介をしていません。

この2つは皮膚への刺激が強いんですね・・。
なのでサロンで直接塗布のトリートメントで利用することは
ほとんどありません。

利用の仕方も難しいのでご家庭にお持ちいただくことを
おススメすることもほぼ無い状況です。

ただ、特にオレガノは、「天然の抗生物質」
と呼ばれるほど
強い抗菌、抗ウイルス効果があるのが特徴です。


ですから、ほんとうに強力な抗感染力が必要な際は
オレガノのことは頭に入れておいて下さい。
ディフューザーなどで拡散すると、大きな効果が期待出来ます。


日ごろのオフィス利用では、もう少し手に入りやすく
刺激の少ないものがいいと思います。


★誰にでも好まれる香りで選ぶと

香りは完全に個人の嗜好なので
誰にでもというのは難しいですが

だからと言って無難なものを選んで下さいと
言うのもアドバイスにならないと
思いますので、私のサロンでの経験上の
お話をしますね。

上記の抗感染力のあるアロマの中だと
ラベンサラ(ラヴィンツアラ)、マートルの香りが
人気が高いですね。

刺激が少ない澄み切った香りで
ファンになる方が多いです。
またローズマリーも
好まれることが多いですね。

ティーツリーは可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

ユーカリは好みが分かれる気がします。
ユーカリでもラディアータは刺激が少ないとは言われますが
香りは少し評価が分かれるようです。

むしろグロブルスのほうが、肌につけないで
空気に拡散させるなら向いているのかもしれません。
もちろん香りはメーカーによっても分かれるところなので
難しいところではあります。


★仕事の集中力をあげるには

これはまずは頭脳明晰の精油ローズマリーとなりますが
ティーツリー、ユーカリにも覚醒力があり
気分がしゃきっとします。

一方ラベンサラがここでは不利になりますね。
ラベンサラは免疫強化力がありながら
リラックス力が高くてサロンではとてもユースフルなのですが
弛緩力が高くで仕事中には不向きになると思います。

マートルもリラックス効果があるのですが
強力な鎮静力というよりはイライラした気分をおさえて
明るくしてくれるようなリフレッシュ感が強いですね。


さて、まとめに入ります。

インフルエンザなどの感染を予防するために
オフィスに導入するアロマとしておすすめなのは
(ディフューザー拡散を前提として)

とにかく集中して仕事力をスピードアップしたい
ならローズマリー。

イライラをおさえて気分良く仕事の能率を上げたい
ならマートル。

さらに感染予防効果を高めたいなら
ティーツリーやオレガノをブレンドして。

といったところでしょうか。

特にマートルは香りが穏やかで好まれやすく

ユーカリのようにのど、気管支系のトラブルや鼻炎への
効果も期待できますので

花粉症のかたにもいいですね。

個人的にもぜひおすすめしたいと思います。


 マートル
・学名 Myrutus communis
・科名 フトモモ科
・ノート ミドル
・効果 抗菌、抗ウイルス、免疫強化、 
/





●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント



スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: