ニアウリ/ 喉に胃腸にくる風邪・インフルエンザ・胃腸炎の季節だからこのニューカレドニアのアロマ精油で対策!


風邪やインフルエンザが流行る季節。

喉が痛い。咳が止まらない。

そしてつらいのがあわせて胃腸にも来るパターン。

胃腸炎など怖い感染症も警戒しなければなりません。


小さいお子様がいらしても不安になる季節。

さて、そんなときはアロマセラピーで何が出来るでしょうか。


大丈夫、まさにぴったりな良い精油がありますよ。




http://www.flickr.com/photos/saturnino/4365033584/




  ニューカレドニアの伝統のハーブ ニアウリの木


南太平洋、オーストラリア東方にあるニューカレドニア。
この南の島に古代から伝統的なハーブが伝わってきました。


原住民たちはこのニアウリの大きな木が万能の
ハーブであることに気付き、生活に取り入れてきました。


この島の空気が大変きれいなこと。

そして熱帯病であるマラリアがみられないのは

強力な殺菌消毒性をもつ
ニアウリが生息しているせいだと見られています。


フランスがこの島を植民地したときから、フランス人たちは
このニアウリを積極的に病院での治療に取り入れるように
なりました。



スポンサーリンク



  ニアウリの特性

すっきりした樟脳のような香りを持つこのハーブから
採油された精油。


このアロマ精油の素晴らしい特性を上げて行きます。


・免疫力の強化

この精油は人体の白血球と抗体の力をつよめ
風邪やインフルエンザ、胃腸炎などの
感染症と闘い防ぐ力を強めます。

また衰弱したからだにパワーをあたえ
あらゆる症状を改善する助けをしてくれます。


・喉、呼吸器系の感染症の症状の鎮痛、治癒


とくに喉の痛みや咳などの感染症の症状からくる
痛みをおさえ、治癒する助けになります。


・胃腸のトラブルの改善

このニアウリの特性として、胃腸の感染症にたいする
トラブルをおさえる力があります。

胃腸炎や風邪やインフルエンザからくる
下痢や腹痛に効果を現します。



 では、使いかたです。

風邪やインフルエンザ、胃腸炎などの流行する季節は
積極的にお風呂に数的入れてアロマバスとして取り入れ
日ごろから感染の予防に利用しましょう。

ティーツリーやユーカリなど、同じく抗感染力のあるハーブを
あわせて利用してもさらに効果が見込めます。


ディフューザーで部屋や寝室に拡散する
スプレーにして外に持ち歩く
マスクに1滴垂らして、電車に乗るなど

工夫してまずは感染症からの防御につとめ
自身の免疫力を強化しておきたいものです。


病気をもらってしまった、怪しいなと思ったら
すぐに、コップに1滴たらしてうがいをしても効果的です。
(質のいいオイルで。飲み込まないように)


発熱してしまったら、喉や胸部に
オイルやローションに希釈して塗りましょう。

胃腸にトラブルがあるときは、お腹の上にも塗ります。



オーストラリアのティーツリーやユーカリと同じく
感染症に対して強い抵抗力があるのがこのニアウリの特徴ですが

胃腸を強く整えてくれるのが大きなメリットと言えます。


ぜひこのニューカレドニアのパワーの源を取り入れて
感染症の季節を乗り切っていただければと思います。








●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント




スポンサーリンク

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人気の記事

LINE@友達登録でブログの更新情報をお届けします。

友だち追加数 奥山修司LINE@の友達登録

Instagram フォロー、コメントお待ちしています。