クリスマスにこのアロマを③ もみの木の秘密。キリストに贈られたもうひとつの宝物。 /バルサムファー


photo credit: andy castro via photopin cc



街はクリスマス・シーズン。

一年に一度のこの季節を
大切な人と一緒に
相応しい豊かな香りと一緒にすごしてみては
いかがですか?

きっと、おごそかな気分で盛り上がること
間違いなしですよ。

今回もそのクリスマスにふさわしいアロマ
紹介させていただきます。






●知られざる3つ目の精油。


アロマを少し勉強された方だと
有名なアロマとイエス・キリストのエピソードを
ご存じかと思います。

イエス・キリストの誕生を知った
東方の3人の賢人が
イエス・キリストのもとを訪れ
3つの宝物を贈って祝福した・・・。

その3つの宝物とは

「黄金」

「乳香」(にゅうこう・フランキンセンス)

「没薬」(もつやく・ミルラ)

でした。

この乳香、没薬は香木で
フランキンセンス、ミルラの精油として
アロマの中でも重要な存在となっています。




スポンサーリンク




贈りものは実は3つとも香りだった??


いつの時代も黄金・お金は力の象徴。

生まれてきた預言者に対して
力の象徴として黄金が贈られたとされて
います。

ですが、他の2つが薫香なのに対し
ひとつだけ、リアルに黄金とは
生生しいといえば生生しいですよね?


実は、イエス・キリストには
もうひとつの薫香が贈られており
実は3つの贈り物は
3つの薫香だった、という説があります。

当時は、香木は黄金よりも価値ある
貴重なものだったのです。


イエスに捧げられた3つの薫香は

その後の歴史の中で、そのひとつが
力を表す黄金に変えられて
伝えられてきた、と言うことですね。


その隠されたもうひとつの香木
それが

バルサム・ファーです。



バルサム・ファー=もみの木

そんな歴史を揺るがしてしまうような
薫香とはなんだったのか。

実は、みなさんよくご存じの香木です。

それは、クリスマス・ツリーで使われる

あの高い木、もみの木です。



バルサムファーがクリスマスツリーになった理由


イエス・キリストに贈られた神聖な木として
バルサム・ファーは教会の木として
使われてきました。

クリスマスシーズンになると
この木を部屋にもちこみ
リースを作り、部屋や玄関に飾ります。

これは、バルサム・ファーの神聖な力が
邪気を追い払う魔除けとして
信じられていたことに加えて

この木のもつ心を落ち着かせる効果と
喉を健やかにし呼吸器系の病気から
救ってくれる力

家の中に飾ることで
家族の健やかな生活を願っていたんですね。


バルサム・ファーを使ってクリスマスを!


歴史の中で3つの贈り物としての名前は
黄金に譲ってしまいましたが

もみの木は間違いなく
現代もクリスマスを象徴する木と
なりました。


今は天然のもみの木を部屋に飾ることは
難しいですから

ぜひ、バルサム・ファーの精油を
部屋に焚いて
クリスマスを過ごして下さいね。


そのイメージどおり、やわらかでクリアな
森林浴をするような香り


神秘的な歴史を感じながら

また、その力で家族の心も身体も
健康に保ってくれることでしょう。



バルサム・ファー

学名:Abies Balsamea
科名:マツ科
種類:樹木
原産:アメリカ・カナダ
作用:心を穏やかにしてくれる神経系の鎮静、せき、のどの痛みなど気管系のトラブルに






●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント


スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: