代替医療として、注目されるアロマセラピー


スポンサーリンク






アロマセラピーという言葉。


「アロマ」とはギリシャ語で香りの意味であり
「セラピー」は治療です。


フランスの化学者モーリス・ガットフォセによって
精油を用いた治療法は体系化され
「アロマセラピー」という言葉が作り出されました。


今、医療の世界でも、植物の芳香成分を抽出た成分を
用いた、メディカルアロマセラピーが注目を浴びています。


現代西洋医学では力の及ばないところを
補完する代替医療として

また事前に病気にならないようにする
「未病」の治療として


また医療費などの経済的事由や
心の癒しとして
これからますます注目されていくことが間違いないでしょう。


だからこそ、より正しい知識と施術を行う
アロマセラピストの育成や
ホームケアでの正しい知識の習得が望まれてくることと思います。

いずれにしても
心と身体を癒し健康にしてくれる
アロマセラピーはこれからも研究、発展が続いていくに
違いありません。




●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら




スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: