生理とアロマセラピー/生理痛に効くアロマは、ずばりこれです。






----------------------------------------------------------

こだわりのプライベートサロンで
究極のアロマトリートメントを

現在のキャンペーンはこちら

-----------------------------------------------------------



生理時のトラブルは主にホルモンバランスの乱れから起こります。

下腹部痛、腰痛、頭痛、イライラ、精神的な落ち込みなど。
ひどい場合には月経困難症と呼ばれ、治療も必要となります。

成人してからの思い生理痛などの場合
子宮内膜症や子宮筋腫などの
可能性もあり、注意が必要ですが

それらが原因でない場合は
身体を温めることと、アロマトリートメントが非常に有効です。

生理痛に有効なアロマ精油は幾つか種類がありますが、その中でも際立った効果が期待出来るのが、バジルです。


ギリシャ語のバシリコス(王)と言う言葉が由来のこのハーブは
その有効性の高さから王と呼ばれたのか
もしくは王に捧げられたのか

効果の高さは際立っています。


ほのかに甘く、刺激的でスパイシーな香りは
頭脳を明晰にし気分を高揚させてくれます。

抑うつの解消にも効果があります。


特に、頭痛、片頭痛に対する効き目は目を見張るものがあります。




その強力な鎮痛効果に加えて
バジルにはエストロゲンホルモンに
似た成分があり

生理時のトラブルにその鎮痛、鎮痙効果と相まって
非常に効果的な役割を果たしてくれます。


植物オイルで希釈し、お腹を優しくマッサージしてあげると良いでしょう。


また、その強力な鎮痙、抗炎症効果は
胃の痛みや、喉の痛みや風邪に
よる炎症にも効果を発揮します。
ぜひお試し下さい。



特に、真正ラベンダーとブレンドすると
ラベンダーのリラックス効果と
鎮痛効果が相まって、穏やかに痛みを和らげてくれるでしょう。


※バジルのエストロゲン様が子宮筋腫などには

逆に悪影響を及ぼす可能性もあります。
はっきりとした症状をお持ちの方は
必ず医師にご相談下さい。

※刺激が強いアロマで通経作用も持っています。
経血量が多い方は注意をして使用するか、使用を避けて下さい。
幼いお子様や妊娠中の方の利用は避けて下さい。



★バジル

・学名 Ocimum basilicum
・科名 シソ科
・ノート トップノート
・特性 強壮、、抗うつ、鎮痛、鎮痙、去痰、解熱、健胃
     通経、殺菌、頭脳明晰作用
・成分 リナロール、シネオール、オイゲノール、ピネン、シルベストレン
     カンファー


Shuji



メディカルアロマで利用されるプラナロムのバジル。
信頼出来る良い精油を必ず利用して下さい。





こちらの記事も合わせてどうぞ


アロマテラピーで女子力UP!女性特有のお悩みに絶対読んで欲しいブログ記事・9つのセレクト!



女性とアロマ 月経前困難症、月経前症候群、更年期障害の改善を目指すなら






●サロンでトリートメントを受けてみませんか?
キャンペーン実施中です。

奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら






スポンサーリンク


関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人気の記事

LINE@友達登録でブログの更新情報をお届けします。

友だち追加数 奥山修司LINE@の友達登録

Instagram フォロー、コメントお待ちしています。